アンチエイジングの基礎中の基礎

アンチエイジングと脳について

  • 脳は使い続けなければ衰えると言われておりますが、
    目的を持っていれば基本的に衰えることはありません。

    精神病患者の多くは、目標が無いという共通点があると言います。
    その為脳を使う機会が無くなり、圧倒的なペースで衰えていくのです。

    動物園の動物も、野生よりも早く寿命を迎えるのですが、
    精神病患者と共通点があり、
    同じ一定のスペースをグルグルと回り続けます。

    精神病患者は、出口のドアノブ付近まで行くと、それに触れることなく、
    また戻り、それを繰り返すと言います。

    これは、「もう出られない」(実際に出られないわけではない)
    という考えの現れであり、
    いろいろな考えの末やはり出たくないという結論に達するそうです。

    動物園の動物も、獲物を狩る、仲間と過ごす
    という楽しみを取り上げられ、することが無く
    そのような行動を繰り返してしまうそうです。

    これは非常に否定的な意見ではありますが、
    目標が無くなってしまった時が一番老化が進みます。

    楽しむこと。常に学習し脳を活性化させることが老化防止にも効果的なのです。

    アンチエイジングにおいて、これは非常に重要なことだと言えます。
    脳が信じ込んだ通りに身体に反映されますから、
    楽しく過ごすことで身体をイキイキとさせることが出来ます。
アンチエイジングとダイエットについて